八代広域行政事務組合監査基準について

地方自治法の一部改正により、八代広域行政事務組合監査基準を別紙のとおり策定しましたので、公表します。

なお、策定、公表の背景等は次のとおりです。

1.監査基準策定、公表の背景

 平成29年6月に地方自治法(以下「法」という。)の一部が改正され、監査制度の充実強化などの規定の整備が行われました。

 これにより、令和2年4月1日以降は、監査委員が監査を行うに当たっては、監査基準に従うこと(法第198条の3第1項)、その監査基準は各自治体の監査委員が定め(法第198条の4第1項)、長及び議会に通知するとともに公表すること(法第198条の4第3項)が義務付けられました。

2.策定までの経緯

 監査基準の策定については、一部事務組合の監査委員にも義務付けられていること(法第292条)から、本組合の構成市である八代市の監査基準を参考にし、法令に基づく新たな監査基準として策定しました。

3.監査基準の目的と内容

 監査基準は、監査の目的や範囲、基本姿勢、方法等を体系化し明らかにすることで監査の質を高め、市民の監査に対する信頼向上を図ることを目的としています。内容的には、監査を行うに当たって、必要な基本原則として考えられる事項を定めたものです。

八代広域行政事務組合監査基準