飛沫防止用シートを設置する場合の注意点について

今般、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の観点から、レジカウンター等への飛沫防止用シートの設置が増えているところですが、先日、大阪府内の商業施設において、ライターを購入した客が試しに点火したところ、飛沫防止用シートに着火する火災が発生しました。

シートの材質によっては、着火・燃焼しやすいものがありますので、設置する場合は次の点に注意してください。

 

1 火気使用設備・器具、白熱電球等の熱源となるものから距離をとること

2 スプリンクラー設備の散水障害が生じない位置に設置するとともに、自動火災報知設備の感知器の未警戒部分が生じないようにすること

3 避難の支障とならないよう設置すること

4 薄いフイルム状のものに比べ板状のものが防火上望ましく、燃えにくい素材の物(難燃性、不燃性、防炎製品など)を使用すること