所有車両紹介・赤バイ隊

01
八代広域消防本部は、12月16日、平成17年度消防防災設備整備費補助事業において「災害対応特殊救急自動車」を導入しました。
この車両は、高い動力性能と低燃費・静粛性を実現したガソリンV6エンジンを搭載し、排出ガス規制もクリアし、環境に優しいクリーンな救急車として整備されました。
また、資機材については、高度救命処置資機材と拡大救命処置資機材など最新の救急資機材を搭載しているもので、多種多様化する救急業務に対応していくものです。

02
日本消防協会から寄贈された3台のバイクと隊員10名により、平成19年4月1日に消防自動二輪車隊(赤バイ隊)を発足しました。
八代消防署に2台、鏡消防署に1台配備し、地震災害や風水害時に消火用資器材(ドリームシューター、消火器)や衛星電話、ポケナビ(GPS)を積載して、情報収集活動のため出場します。

03
緊急消防援助隊支援車Ⅰ型を総務省消防庁より無償貸与を受け、平成25年3月7日に納車しました。
支援車Ⅰ型とは、地震・台風等の大規模災害時において隊員の長期にわたる活動を支援するため、シャワー、トイレ、厨房施設等を備え、大規模災害現場での情報収集、分析、連絡など指揮も優れた威力を発揮する消防車両です。

緊急消防援助隊の活動では、被災地における人命の救助、救急活動、消火活動など普段の業務に加え、燃料の確保や資機材の整備、食事の支度など後方支援活動があります。緊急消防援助隊の後方支援活動は、各隊員の長期活動を行う上で、重要な活動の一つであると位置付けられ、こうした活動を受け持つ機能があるのが支援車Ⅰ型です。

04