応急手当

応急手当とは

突然のけがや病気に対して、付近に居合わせたみなさんにできる手当てのことを広い意味で「応急手当」といいます。

その中でも、突然に心肺停止(心臓、呼吸が止まってしまった状態)やこれに近い状態になったとき行うことを、心肺蘇生といいます。

心肺停止は、病気・けが・事故など何の前触れもなく突然起きます。

消防庁の「平成25年版 消防白書」によると、救急自動車の現場到着時間の平均時間は8.3分(前年8.2分)となっています。

大切な命をまもるため、みなさん応急手当・心肺蘇生法を学びましょう!

ダウンロードはこちら  →  テキスト(成人 / テキスト(小児) 

 

救命講習は毎月第4日曜日に、八代消防署・鏡消防署で定期に実施しています。(12月、1月については、第2日曜日に実施)実施時間は午前9時から午後12時まで3時間です。

下記の日程表をご確認下さい

平成29年度救命講習日程表

平成30年度救命講習日程表

 

また、随時救急講習も実施しておりますので最寄りの消防署へお問い合わせください。

救命講習・救急講習受講申込書はこちらをクリック